受注生産となっております、
通常、決済確認後1-2週間ほどで商品お届けとなります。


  1. 抱き枕
  2.  > 食戟のソーマ - [し]
  3.  > 薙切えりな

薙切えりな

食戟のソーマ
商品種類別同人グッズ:




食戟のソーマ
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
田所恵薙切えりな

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
食戟のソーマ

食戟のソーマ』((しょくげきのソーマ)は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊の日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年52号より連載されている。

あらすじ:食戟のソーマ

下町の定食屋の息子・幸平創真は、家業を手伝いながら、父・城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。中学校卒業後は家業を継ごうと考えていたが、城一郎は店を数年閉めると宣言し、海外へ行ってしまう。そして創真は、城一郎の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学する。そこから創真は持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。

キャラクター・登場人物:薙切えりな(なきりえりな)

本作のヒロインの一人。
食の上流階級に生きる者だけが学ぶことを許されるという、遠月茶寮料理学園高等部一年の女子生徒。
学園には首席で合格し、最高決定機関である「遠月十傑評議会」に第十席として史上最年少で名を連ねる。秘書として、同じく1年である新戸緋沙子を連れている。
幼児の頃から厳選された食材と一流料理人による料理だけを口にしてきたため、人類最高の神の味覚を持つと言われ、「神の舌(ゴッドタン)」の異名を持つ。10種類の違うブランドの塩を味見だけで見分けられるという噂もあり、彼女の下した評価は料理業界全体に影響を与えるらしい。

自身が試験監督を務めることとなった学園の入学試験にて、幸平創真の試験に対する余裕っぷりと馴れ馴れしい態度、そして彼の作ったあまりにも庶民的な料理に腹を立てたが、逆にその料理を食べたことで図らずも内心感動させられてしまう。あまりの悔しさから、腹癒せに近い形で「不味いわよ!」と(涙目で)吐き捨てて不合格とした。
その為、それを見ていた理事長によって不合格を取り消された事実を彼女は知らず、創真の入学は手違いであると思い込んでおり、機会があったら彼を学園から追放処分にしようと画策している。

金髪に近い薄茶のロングヘアーを持つ非常に容姿端麗な少女で、年の割に大変グラマラス。日丁ハーフである薙切アリスは同い年の従姉妹で、5歳までは同じ屋敷で暮らした時期もあるが、意地悪ばかりしていた結果、仲が悪くなっており、現在も遠月学園で料理の腕を張り合っている。

序盤は誰に対しても高飛車で高貴に振る舞い、不味い品を作った料理人に対して不味い点を細かく指摘しつつダメ出ししている。
恋愛にはまるっきり面識がなく、少女漫画を読んだだけで赤面させ「ハレンチな…!」と呟いていた。しかし決して興味が無いわけではなく、後に尋ねてきたソーマに料理を味見する変わりに少女漫画の続巻を持ってくるよう命令していた。
「自分の認めた料理以外は屑」と考えており、常に他者の料理を見下している。
しかしこれは幼少期に父・薙切薊にほぼ虐待に近い洗脳教育を施されており、祖父の仙左衛門が気づいて薊を追放したが、時すでに遅く、料理への価値観が大きく変わっていた。
だが極星寮に居候してからは寮人と比較的仲良く、フレンドリーに接している。
創真に対しての感情は編入試験の件でよくは無いものの、創真の父が城一郎と判明した事と創真が料理人として成長している姿を目の当たりにして比較的良好にはなってきている。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Category

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁