受注生産となっております、
通常、決済確認後2週間ほどで商品お届けとなります。

  1. 抱き枕
  2.  > デート・ア・ライブ - [て]
  3.  > 五河士織

五河士織

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
デート・ア・ライブ

デート・ア・ライブ』(DATE A LIVE)は、橘公司による日本のライトノベル。イラストはつなこが担当。単行本はKADOKAWA 富士見書房の富士見ファンタジア文庫より発売されている。略称は「デアラ」「デート」。

『蒼穹のカルマ』以来となる橘公司の新作シリーズ。「秘密組織のメンバーが大真面目にギャルゲーをやっていたら」をコンセプトにしており、強大すぎる力を持つがゆえに人類から排除の対象となっている精霊の少女と、ごく普通な(実は不思議な能力を秘めている)少年の交流を描いた作品。

第1巻の刊行当初からテレビCMなどで積極的な広報展開が行われており、シリーズ開始から1年足らずの2011年11月の時点でアニメ化企画が進行していることが発表された。

あらすじ:デート・ア・ライブ

謎の生命体・精霊の出現により起こる大災害・空間震が発生するようになって、約30年が経った世界。
妹と2人暮らしの高校生・五河 士道は、人間に絶望する精霊 夜刀神 十香と出会う。そして、妹・琴里から、自分が精霊と交渉して、世界と精霊両方を救うことのできる存在であることを知らされる。しかし、その方法は「精霊とデートして、デレさせる」という、とんでもないものだった。
そして、主人公である士道は、精霊たちとの”デート”を繰り返していく中で、自らの出自、さらには精霊という存在の詳細、それを取り巻く陰謀を知ることになる。

キャラクター:五河士織(いつかしおり)

6巻にて登場した男嫌いの百合精霊・誘宵美九と接触すべく、<ラタトスク>の面々により女装させられた五河士道の姿である。

元々士道の顔が中性的だったことに加え、その道に詳しい人々が手伝ったことで、顔見知りすら欺く仕上がりになっている(ただし、肉親である崇宮真那は勿論、十香と折紙には一目で見抜かれた)。この姿になる過程で、士道は高いメイク技術を会得し、単独での女装が可能になっている。なお、声は喉に付けた変声機で女声に変えている。

後に七罪を攻略する際、メイク程度で人が変われるわけがないと思い込んでいる彼女にメイクの凄さを教えるため、嫌々ながら再度この姿になっている(実際彼女から「変態」呼ばわりされ、ひどく落ち込んでいた)。

短編では、琴里に対する失言への罰として1日中女装させられ、このまま学校にも通わされた。とある人物たちの女装した姿同様、余りにもの高スペックのためにネットに画像が流失した時は小さな嵐を巻き起こし、裏路地で襲われそうになったこともあり(しかも男だと明かしてもオールOKだといわれる(-_-;)‼)、更に芸能関係者もスカウトしようとした程の容姿だったりする…。

まさかの○○
作中時系列においてこの姿が最初に登場したのは短編での琴理の誤解から生じた妄想の中だったが、その姿は普通の女子の下着姿であった。

そして第12巻「五河ディザスター」において、霊力暴走によりハイになった士道を止めるためにキスを迫ろうとしたが、士道は七罪の変身能力を自分に使って士織の姿に変身したのである。それも外見だけでなく肉体そのものまで。

女装を嫌がる普段の士道なら絶対にやらないであろう行為、そして「自前の胸」を自慢する士道にまんまと翻弄され、結局琴理は彼を取り逃がしてしまった。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁