1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > 天草四郎

天草四郎

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:天草四郎

Fateシリーズ」に登場するサーヴァントである。

ならば、我が願いを聞き届けよ。我らの祈りを確かなものとしろ!
聖杯、己はその真の役割に殉じるがいい!人類は天の杯を掴み、無限の星々に至るのだから!
プロフィール
真名天草四郎時貞
クラスルーラー
性別男性
身長169cm
体重59kg
誕生日不明
出典史実
地域日本
属性・カテゴリ秩序・善・人
イメージカラー銀灰色
特技洗礼詠唱
好きなもの人類
苦手なもの暴走する人間
天敵ジャンヌ・ダルク、ジーク
ILLUST近衛乙嗣
CV内山昂輝
公式には聖人と認定されていない。

概要
聖杯大戦の監督役、シロウ・コトミネの正体。

聖杯大戦中盤、赤のセイバーを除く"赤"陣営のサーヴァントを掌握し大聖杯の奪取に成功した事から、正規のルーラー・ジャンヌ・ダルクの前に姿を現す。

経歴
『Apocrypha』の世界線における第三次聖杯戦争で、アインツベルンが召喚したルーラーのサーヴァント。
本編で呼ばれたアヴェンジャーよりはマシとはいえ、突出した能力を持たない二流サーヴァントに過ぎなかったが、「神明裁決」による令呪執行機能と「真名看破」による弱点を突く作戦によって、聖杯獲得まで後一歩のところまで迫った。

しかし、最終的にマスターは殺されてしまい、さらに大聖杯がダーニック・プレストーン・ユグドミレニアによって奪われたことで聖杯戦争そのものが終了してしまったのだが、その前に受肉を果たすことに成功し、監督役である言峰璃正に養子入りすることで身を潜めた。

その後60年もの間、世界を巡りながら自身の大願である「人類全ての救済」を成すために入念な情報収取と準備を進め、いずれくるであろう「冬木の聖杯を用いた聖杯戦争」を待ち続けていた。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁