1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > アサシン

アサシン

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:アサシン

暗殺者のサーヴァント。
サーヴァント最弱の呼び名も名高いクラスであり、事実そのステータスは基本7クラスの中では最も低い。
代わりに自身の気配を消すことが出来る「気配遮断」スキルを有しており、誰にも気付かれることなく相手マスターに接近することができるため、サーヴァント戦を避けてマスターの暗殺を主とする特殊なクラスである。別名「マスター殺しのサーヴァント」。

攻撃の際にはランクが低下するものの、仮にも英霊である彼らの奇襲は人間であるマスターに対しては十分すぎる脅威。聖杯戦争において各マスターが大きく動けないのは、このアサシンが存在するからに他ならない。

尚、実際の暗殺者でなくとも失敗した暗殺者や殺人鬼、処刑人、武術家などもこのクラスに該当するとされる。その場合の配属基準としては「無抵抗または無力な相手を(積極的ないし計画的に)殺した逸話や殺せる適正を持つ」と言える。
ただしイレギュラーな召喚の場合はこの基準が当てはまらない時もある。

アサシンと言えば、ハサン
冬木の聖杯戦争においては、どんな魔術師がどんな触媒を使っても必ず「ハサン・サッバーハ」という英霊が召喚される。ハサンとはイスラムの暗殺教団歴代の長たちの襲名する名前であり、この歴代のハサンたちの中から誰かが選ばれる。また、宝具「ザバーニーヤ」も各自が極めた暗殺の奥義が形を成したものであるため、同じ「ハサン」であってもその能力は大きく異なる。
アサシン」という単語は元々この「ハサン」を教祖とした教団の名前であり、英語やフランス語としてはこの教団のイメージから「暗殺者」を意味する言葉になった。故に厳格な意味では「ハサン」以外に「アサシン」はいないのだから、このルールも頷けるものである。

第五次聖杯戦争のアサシンはハサンではないが、これはルールを破った召喚によって出現したイレギュラーである。また、「アサシンはハサン」というルールは冬木の大聖杯、及びそれを模倣した場合のルールとなっており、別の場所での聖杯戦争では触媒があれば別のアサシンを召喚できたり、そもそもハサン縛りが存在しないケースもある。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁