1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > メルトリリス

メルトリリス

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:メルトリリス

『Fate/EXTRA-CCC』のキャラクター。

いやがる相手を徹底的に蹴り倒せるなんて正直、たまらないわ
プロフィール
誕生日4月9日
身長190cm(脚部含む)
体重33kg(両脚含めて53kg)
スリーサイズB75/W55/H80
イメージカラーアイスブルー
時代2032年
地域月の裏側
特技人形鑑定
好きなもの主人公、フィギュア
嫌いなもの人間
天敵キングプロテア、無銘
テーマソング「その恋は毒のように」、「alterego/s」
CV早見沙織

概要
パッションリップと同じくBBの眷属、アルターエゴの一人。アルターエゴS。
女神の英霊を複合したハイ・サーヴァント。組み込まれた女神はギリシャ神話のアルテミス、旧約聖書のレヴィアタン、インド神話のサラスヴァティー。クラスはアルターエゴ。
下半身がアブない人。
鋭い槍のような脚、前貼りのみの露出度の高い下半身、まな板のような貧乳が特徴的。本人曰く「あざとい脂肪を一切廃して極限の造形美を追求した身体」で衣装は「貞淑に隠している」との事。
腕部の大型武装と巨乳が特徴のパッションリップとボディコンセプトが対になっているようだ。

人物
好きなものは人形と『人形のように動かず喋らない人間(それが人間と言えるのかどうかは甚だ疑問だが……)』。特に日本のフィギュア文化には、かなりのめり込んでいるようだ。人形好きがばれた時には、基本冷静な彼女が突如ドールマニアとしての熱き一面を解放する。邪神を掴まされたときには屈辱を露わにしたとか。ちなみに彼女自身は触覚障害により手先が不器用なので組み立てる事が出来ない為、代わりに作ってくれる腕のいい作り手を募集している。

彼女の異質なドールマニアとしての特性は、「自ら動き喋る人間に対する恐怖」の裏返しでもあり、時として予測不可能な他人の一挙手一投足一発言に対して「自分の予測とは外れた言動や行動を取られることを恐れている」、また「自分の言動や行動に対しての相手の反応にも恐怖している」と言ったところ。
他人には自分の常識が通用しない故に自分に優しくない言動や行動を起こされるのではないか、自分の言動や行動で嫌われたりするのではないかと心の奥底では怯えており、それを避けるために自分の脳内で設定したロジックから決して外れることのない、自分に優しい言動や行動しか行えず、決して自分を裏切らない人形で疑似的なコミュニティを作っているということである。当然これは人間だれしも一度は(理由は多岐にわたるが)何らかの形で経験するありふれたモノであるが、このままでは外界からの新鮮な刺激が無いためそのままでは前には進めない。
彼女の思考があまりにも一方的かつ自己完結しているのも他人を恐れるあまり、他人の意志を自分の思考から完全に隔離しているためと思われる。

彼女の「感覚障害」は皮膚感覚に生じている障害で、パッションリップの神経過敏の逆。特に手先は感覚がほとんどないのが原因で非常に不器用(握手すらも困難な模様)。
余談だが、彼女の下半身の露出が激しいのは下半身は上半身ほど感覚障害が発生していないが布一枚隔てるともう感覚が解らなくなってしまうからだとのこと。※情報元が不明。要:出典元の確認

BBとパッションリップ同様主人公に強い執着を見せるが、条件を満たした場合に限り、対象が別の相手に変わる。

アンデルセン曰く「性格はSだが、恋愛対象への行動はM」「隔離の化身」とのこと。この点はパッションリップと正反対。

能力
戦闘スタイルはフィギュアスケートのように地面を蹴り、踊るように相手を刺し殺す。その脚は魔剣に喩えられている。
彼女の持つ特殊な能力「クライムバレエ」と「オールドレイン」により、物語中盤までこちらの攻撃が通じない無敵状態。
「クライムバレエ」は早い話が「ズルして無敵モード」。三番目のSGという扱いだが厳密にはこれはSGではない。途中のイベントで解除されるまではこちらからの攻撃はすべて無意味だが、解除されても後述の理由からやはりまだ無意味。この能力は彼女にとっては保険程度のウェイトしかないものと思われる。

「オールドレイン」はそのものずばり、脚部の槍で刺殺した相手の経験値などすべてを吸収し、自分のものにしてしまう恐ろしい能力。この能力でレベル999になっているためクライムバレエを突破してもそのスペックには天と地ほどの隔たりがあるので勝ち目がない。だが、その名の通り何でもかんでも吸収してしまう性質上、それが裏目に出ることもある。それを利用されてある人物からとんでもない負債を吸収してしまい屈辱を味わうことに。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁