1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > シュヴァリエ・デオン

シュヴァリエ・デオン

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:シュヴァリエ・デオン

『Fate/GrandOrder』に登場するサーヴァント。

誇りと愛を、キミに

プロフィール
真名シュヴァリエ・デオン
クラスセイバー
性別?(今のところとりあえず男性として扱われている?)
身長157cm
体重45kg
出典史実
地域フランス
属性中立・中庸
ILLUST森山大輔
CV斎藤千和
体重は自己申告ではなく、外見からの予想

概要
『Fate/GrandOrder』に登場するセイバーのサーヴァント。レアリティは☆4。
メインシナリオでは、第1部第一章「邪竜百年戦争オルレアン」にてバーサーク・セイバーとして立ちふさがる。
1.5部「伝承地底世界アガルタ」ではアルトルフォと共にナビゲートサーヴァントを務める。

男装し、男として振る舞っていたにも関わらず、可憐な少女と称されるほどの美貌を備えていた騎士。

真名
女であり男、男であり女、として語られる十八、九世紀フランスの伝説的人物。
文武両道の剣士にして文筆家。
列強各国を相手に立ち回る機密局のスパイとして活躍し、全権公使、竜騎兵連隊長等を勤めた。

男として服を着込み、男として振る舞っていたにも関わらず、可憐な少女と称されるほどの美貌を備えていたという。事実、成人前にドレスを着て赴いた社交界では「美しい娘」として噂を集めた。

秘密任務のためロシア帝国へ潜入した折にもアドモワゼル・リア・ド・ボーモンとしてロシア女帝と交流を行い、女帝やその臣下から美しさを讃えられたという逸話が残されている。

人物
一人称は「私」。極まれに「僕」。
礼儀正しく、姿も所作も可憐な騎士。クセ者揃いのサーヴァントではかなり常識人。
英霊であろうと生きていようと、自分の肉体が男であろうと女であろうと道はただひとつ。
白百合の騎士で在り続けること。
フランス王家に、そしてマスターに、デオンは己が忠誠を捧げ続ける。

上記の通りフランス王家への忠誠は絶対であり、それは最後の王妃となったマリーにも向けられている。基本的に常識人かつツッコミポジションのデオンも、彼女の言い分には逆らえない……というかイエスマンとなり振り回される。
ちなみに諸説ある性別問題だが、本人は男性だと主張。しかし真相は謎のまま。

能力
実は地味に「筋力:A」という、エラいステータスの持ち主。
この値、カルナやジークフリートという神話級の英雄でもそうは持ち得ないレベルで、『FGO』勢で言うとベオウルフやダレイオス三世等の明らかに筋骨隆々としたマッスルな肉体を持つ歴戦の戦士が該当する。
もちろん、騎士王のように「魔力放出」等で膂力を底上げしている訳ではないので、間違いなく自前の筋肉である。これに引っ張られるように、耐久性も何気に「B」まである。
もしかすると「自己暗示(A)」のスキルで、肉体のリミッターをある程度外せるのかもしれない。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁