1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > 美遊・エーデルフェルト

美遊・エーデルフェルト

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:美遊・エーデルフェルト(みゆえーでるふぇると)

『プリズマ☆イリヤ』のキャラクター。

プロフィール
誕生日7月20日(イリヤと同日)
身長134cm
CV名塚佳織

概要
原作『Fate/staynight』には登場しない、『プリズマ☆イリヤ』オリジナルキャラクター。
クラスカード回収任務を行うイリヤたちの前に突如現れた、もう1人のカレイドの魔法少女。イリヤと同じ小学校の同じクラスに転校してきた。

ルヴィアが己のカレイドステッキ・マジカルサファイアに見捨てられた後、どこからともなく新たなサファイアの契約者として現れ、衣食住と戸籍、居場所と引き換えにルヴィアのクラスカード回収任務を引き継いだ。その後、ルヴィアの義妹として「エーデルフェルト」姓を名乗り、屋敷でメイドとして働くことで養ってもらっている。

ルヴィアに拾われる前の経歴は一切不明だが、イリヤの兄の衛宮士郎に会った時に「お兄ちゃん」と誤解するなど、士郎にそっくりな兄がいたらしい。

人物
クールで人を寄せ付けない性格。
当初はさしたる覚悟もなしにクラスカード回収任務に身を投じるイリヤに対し頑なな態度を取って任務から遠ざけようとしていたが、戦いを通じて徐々にイリヤのことを認めるようになっていった。イリヤが恐怖で任務から逃げ出した時は、逆にイリヤをこれ以上戦いに巻き込まぬように任務から遠ざけようと、必死になる場面も。

紆余曲折を経てイリヤとは親友同士の間柄になるが、今度は「わたしの友達は生涯イリヤだけ」「他の人なんてどうでもいいでしょ?」とべったりになってしまい、イリヤの友達に対してすら「友達になった覚えはない」と切って捨て、イリヤ以外にはクールで頑なな態度を貫いたままでいたが、ツヴァイ中盤よりそれも薄れたらしく年相応の少女のような表情も多くなってきている。
特に最初は目的の為に冷酷になところがあったが、感情的に動く場面が増えている。しかし義務感が強いと言う点に関しては変わっていない。

能力
学力・芸術・運動全ての面で小学生を逸脱した天才ぶりを発揮する完璧超人。魔法少女の能力や殺伐とした戦いにも早い段階で適応し、力を見事に使いこなして見せた。ただし発想力や空想する力に乏しく、「人間は空を飛べない」という常識と物理法則に縛られて飛行の術を習得できなかったりといった欠点もある。
また、ルヴィアの家でメイドとして働いた分の給料が数百万あるため、財力も超小学生級。他に必要な時にルヴィアから店ごと買い取れるほどの金額を使える「虹色に輝くカード」を預けられることもある。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁