1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > 酒呑童子

酒呑童子

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:酒呑童子

平安時代、大江山に城を構え、鬼を束ねた頭領。
酒呑童子の出自には諸説ある。
伊吹山の伊吹大明神(=八岐大蛇)と人間の子であると見なす説、戸隠山(=九頭龍)の申し子と見なす説。
いずれにせよ龍神の子であり、坂田金時と共通の背景を持つ。

イベント「鬼哭酔夢魔京羅生門」で追加された期間限定★5アサシン。
現時点(2016/12/31)で攻撃力が暗殺者クラスでトップ。また、Arts宝具のサーヴァントの中でもトップの攻撃力を持っている。
クラス補正を含めると順位は下がるが、それでも全体Arts宝具では攻撃力1位である。

敵に様々な種類の弱体効果を与えるサポート型のサーヴァント。
宝具「千紫万紅・神便鬼毒」で全7種類の弱体効果を敵全体に付与する。
スキル封印効果は強力だが場合によっては敵が攻撃オンリーになるのでタイミングに注意。
「果実の酒気」は敵全体に魅了と防御力ダウンを与える。
魅了成功の確率はスキルレベルに関係なく一律だが、対象を選ばない魅了スキルは初。(他の対象を選ばない魅了は宝具のみ)
ダメージではなく足止め優先であれば宝具後に使えば10%とはいえ魅了の成功率が上げられるので場面に合わせて使っていきたい。
「鬼種の魔」はカリスマAと同じ全体攻撃力アップに加え、3ターンの間自分の宝具威力を上げる。他2つのスキルと比べてCTも短い。

敵防御ダウン、味方攻撃力アップによって酒呑童子がいるだけでパーティー全体の攻撃力が上昇する。
また2枚ずつあるArts、QuickとEX攻撃が多段hitするので高いNP効率とスター発生能力を併せ持つ。
アーツパにおいて必要不可欠な孔明と玉藻が苦手とする敵ライダーと相性がいい。
また、出生から神性・竜属性・悪・魔性と数多くの属性を持っているのでステンノの「女神の気まぐれ」や邪ンヌの「竜の魔女」、新宿のアーチャーの「邪智のカリスマ」などの対象となる。これにより自身をメインアタッカーとしたパーティも作成可能。

礼装はArtsを強化するフォーマルクラフトやLastEncore、ArtsとQuickを強化するストリート・チョコメイド、またサポート役特化として「2030年の欠片」などがいいだろう。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁