1. 抱き枕
  2.  > 魔法少女まどか☆マギカ - [ま]
  3.  > 暁美ほむら

暁美ほむら

魔法少女まどか☆マギカ
商品種類別同人グッズ:


抱き枕2枚重ね抱き枕1/2抱き枕クッションタペストリー
二次元寝具バスタオルタオルR18一般向け


魔法少女まどか☆マギカ
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
暁美ほむら鹿目まどか巴マミ

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ』(まほうしょうじょまどかマギカ)はシャフト制作による日本のテレビアニメ作品。2011年1月から4月まで毎日放送(MBS) ほかで深夜アニメとして放送された。全12話。略称は「まどか」、「まどマギ」。 願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人知れず人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に描く。タイトルの「マギカ (Magica) 」は、ラテン語で「魔法の」を意味する形容詞「magicus」の女性形。

あらすじ:魔法少女育成計画

魔法少女育成計画
人気ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」には、プレイヤーの数万人に一人を常人離れした身体能力と可憐な容姿、人間にはない特殊能力を持つ「魔法少女」にする力があった。しかし、N市(テレビアニメ版では「名深市」という名称で新潟県上越市が舞台となっている)に16人もの魔法少女が密集したことにより、その土地の持つ魔力が不足するため、魔法少女を半分の8人まで削減する事を運営側が宣言した。
突然の事態に戸惑いながらも目標をこなしていく魔法少女達。しかし間もなく選抜試験は「脱落者は命を奪われる」死のサバイバルゲームであることが発覚し、生き延びるために協調を訴える者、他者を蹴落とさんと暗躍する者、自らを犠牲に隣人を守る者、様々な思惑が絡み合い、魔法少女同士による殺し合いが始まる。
魔法少女育成計画 restart
魔法の国公認の魔法少女として影で人助けをしながら暮らしていた16人の少女たちがある日魔法の端末に届いた「それではゲームをスタートします」のメッセージと共に謎の空間に飛ばされる。そこは魔法少女専用ゲームとして生まれ変わった『魔法少女育成計画』の中だった。
それは3日おきに自動でログアウト、ログインを繰り返す仮想空間を舞台にしたRPGであり、テストプレイヤーとしてゲームをクリアする事になる。ゲーム内でケガや死亡しても現実世界で特に影響もなく、エリア解放・ゲームクリア等で現実世界で賞金が貰えるということもあって16人はノリノリでゲームを進めていくことになるが、ある事実が判明することで早期のゲームクリアを強いられることになる。
魔法少女育成計画limited
「あなた達は魔法の才能を持っているのよ」放課後の理科準備室に現れた妖精トコはそう告げると、室内にいた7人の女子中学生達を魔法少女へと変えてしまった。妖精トコは悪い魔法使いたちに追われていて、魔法少女になった7人にそれを迎撃してほしいというのだ。
一方魔法の国はB市に潜伏する妖精トコとその主人である魔法少女の暗殺者の捕縛のためにB市に魔法少女の出入りをシャットアウトする結界を張る。この結界が維持できる24時間の間に暗殺者を捕まえるために事前に潜入していた監査部門と外交部門の混成捜査班に、たまたまB市内に居た人事の魔法少女7753と彼女の研修を受ける予定だったリップルを加えた即席チームで暗殺者の逮捕を目指す。
一方で魔法の国の改革を目指す革命軍に所属する魔法少女トットポップは犯罪を犯した魔法少女を封印している「刑務所」を襲撃、自らの師匠でかつてスノーホワイトとリップルに逮捕されたフレデリカを解放。更にフレデリカは共に収監されていた凶悪な魔法少女2人を解放。自らの魔法を利用して全員で結界を超えてB市に侵入。魔法の国が逮捕しようとしている暗殺者を先に捕らえ、その雇い主が魔法の国のどの部門であるかを知ることで魔法の国の弱みを握ろうと画策する。
かくして3つの勢力がB市の中で暗殺者を巡り血みどろの攻防戦を行うことになる。
魔法少女育成計画JOKERS
加賀美桜/プリズムチェリーは平凡な魔法少女。平和な町で地味な魔法を使い、淡々と人助けを続ける日々に倦んでいた桜は、ある日クラスメイトの青木奈美から声をかけられる。奈美は自分も魔法少女プリンセス・デリュージであることを告げ、自らが所属する魔法少女チーム「ピュアエレメンツ」に桜を誘う。ピュアエレメンツの他の4人の魔法少女が自分の知る一般的な魔法少女と少し違うことに桜は違和感を覚えるが、テレビで見た魔法少女のような活動ができることに素直に喜びを感じる。
一方で「S市には魔法の国に秘密裏で人造魔法少女の研究を行っている施設が存在する」という匿名のメールが一部の魔法少女達にもたらされる。この調査のため監査部門や外交部門の魔法少女、魔法の国での出世を狙うフリーランス、強いやつと戦えると面白がる戦闘狂魔法少女などがS市に集まることになる。
魔法少女育成計画ACES
盟友リップルの行方を探しながら、「魔法少女狩り」としての活動を続けるスノーホワイトに魔法の国の中枢たる「三賢人」の一人から呼び出しがかかる。指定された屋敷に赴いたスノーホワイトを待ち受けていたのは、高貴そうな雰囲気を身に纏った、幼い外見の少女だった。少女はスノーホワイトに「魔法の国の未来に関わる儀式のため」と、ある魔法少女の捜索と護衛を依頼する。

キャラクター:暁美ほむら(あけみほむら)

学校の女子制服のような服で鋭角的なデザインの衣装は、砂時計の意匠をモチーフとしている。
魔法少女時の衣装も紫を基調としたものだが、他のキャラクターがイメージカラーと同じ髪色なのに対し一人だけ黒髪。紫と黒の親和性が高いだけにイメージカラーも髪色と同じ黒と見られるケースがあるが、キャラクターのイメージカラーは企画当初から黒である為にあながち間違いではないとも言える。

ソウルジェムの色は紫、シンボルマークはダイヤ、変身後の位置は左手の甲。
ある日、見滝原中学校の2学年に転校してきた少女。主人公のまどかが夢の中で見た少女と同じ容姿をしている。
学業・運動・容姿に優れた才色兼備。しかし人を寄せ付けない雰囲気を纏っている。
まどかが魔法少女になろうとするとどこからともなく現れて契約を妨害する。
他の魔法少女との馴れ合いを拒み、執拗にキュゥべえを妨害するのには何か意図があるらしいが……?
また怒ると怖い。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Category

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁