受注生産となっております、
通常、決済確認後2週間ほどで商品お届けとなります。

  1. 抱き枕
  2.  > やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - [や]
  3.  > 雪ノ下雪乃

雪ノ下雪乃

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(やはりおれのせいしゅんラブコメはまちがっている、My youth romantic comedy is wrong as I expected.)は、渡航による日本のライトノベル。

あらすじ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

千葉市立総武高等学校に通う比企谷八幡は、目が腐っていることと友達がいないこと以外は高スペックな高校二年生だが、高校入学時に交通事故に遭ったせいもあり高校でも友達が出来ず、その結果友達を作ることを諦めて「ぼっち」を極めようとしていた。妙な屁理屈をこねて、ぼっちな高校生活を謳歌しつつリア充を嫌い呪っていた八幡だったが、生活指導担当の教師・平塚静に目をつけられ、「奉仕部」に無理矢理入部させられる。「奉仕部」は、生徒の問題を解決する手助けをする部であり、静による紹介によって生徒が送り込まれて来るところだった。そこで八幡は、校内一の才女として知られる雪ノ下雪乃と出会う。

キャラクター:雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)
声-早見沙織

本作のヒロインの1人。総武高校二年J組所属。奉仕部部長。1月3日生まれ。B型。結衣からは「ゆきのん」と呼ばれている。座右の銘「目には目を、歯には歯を」。
中学生の頃に編入した帰国子女。普通科よりも偏差値が2・3ほど高い国際教養科であるJ組に所属し、学力テストでは常に学年1位。八幡をもってしてユキペディアと揶揄される程の知識もあり、運動でも楽器等でも大抵のことは3日でそれなりに修得できるという努力という概念を忘れさせる完璧超人だが、その能力が仇となり何事も続かず致命的なまでに体力がない。また極度の方向音痴でもある。結衣や陽乃に比べ胸が小さく、それを気にしている。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Contents

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁