コロナウイルスの影響により引受工場の稼働率に差異が生じております。
作品によって納期2〜4週間(一部稼動停止中)とばらつきがございますこと、
何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
ご迷惑をおかけし恐縮ですが一日でも早く安全にお届けできるよう最善を尽くします。

作品納期目安一覧(3/5現在)
☆az 2〜3週間  ☆bz 一時稼動停止中  ☆cz 3〜4週間
☆dm 3〜4週間  ☆ez 3〜4週間  ☆jz 2週間  ☆mz 2週間

例(作品タイトル)
・デート・ア・ライブ 鳶一折紙 抱き枕カバー デアラ DATE A LIVE デート・ア・ストライク とびいちおりがみ 天女 尚萌=幽幽雪猫/Grandia氷 cz13238  → cz 3〜4週間

・コードギアス 復活のルルーシュ C.C. タペストリー お得2枚セットあり! シーツー ブラックウェディングドレス 萌工房 gmz10325-12  → mz 2週間
  1. 抱き枕
  2.  > マクロスシリーズ - [ま]
  3.  > フレイア・ヴィオン

フレイア・ヴィオン

マクロスシリーズ
商品種類別同人グッズ:




マクロスシリーズ
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
フレイア・ヴィオン美雲・ギンヌメール

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
マクロスシリーズ

マクロスシリーズ」は、『超時空要塞マクロス』およびその続編作品、外伝作品からなるSFアニメ・ロボットアニメである。

『超時空要塞マクロス』(ちょうじくうようさいマクロス)は、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された。

「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作である。ほかの作品と区別するため、「初代マクロス」と称されることもある。

あらすじ:マクロスシリーズ

舞台となるのは21世紀の銀河系宇宙。
地球に墜落した謎の宇宙船とそこから得た超科学(オーバーテクノロジー)により、
地球人類は目覚めを促され、宇宙時代へ歩みだすことになる。
強大な異星人勢力や宇宙生物と衝突する困難を経ながら、
「文化の力」で共生の道を見出し、銀河系各方面へ生活圏を拡げていく。
墜落した宇宙船の後の姿こそ作品タイトルの巨大宇宙戦艦 マクロスであり、
地球を含む宇宙の歴史を変える「運命の船」となる。
さらにプロトカルチャーと呼ばれる太古の科学文明も、種族の起源にまつわる重要な存在として関係する。

『マクロスΔ』(マクロスデルタ、MACROSS DELTA)は、サテライト制作による日本のテレビアニメ作品。
「マクロスシリーズ」に属するSFロボットアニメ。超時空要塞マクロスから続く『マクロスシリーズ』第7作。
2016年4月よりTOKYO MX・BS11ほかにて放送。

『マクロスF』がシリーズの中心的要素をまとめた作品だったのに対し、本作は『マクロスプラス』と『マクロス7』という対照的な2作を掛け合わせた作風になる。
タイトルのΔ(デルタ)は、「歌」「戦闘」「三角関係」というマクロスシリーズの3つの要素を忘れないようあえて付けたといい、ロゴマークのΔには隙間を空けている。

フレイア・ヴィオン

誕生日11月3日
身長154
本作のヒロインの一人。
戦術音楽ユニットワルキューレに憧れる14歳の少女。
銀河辺境の惑星の王政国家である「ウィンダミア王国出身であり、なまり口調で喋る田舎娘。
天真爛漫な性格で、一度決めた事を曲げない芯の強さを持ち、「ごりごり」など擬音で物事を表現する癖がある。

黄色がかった茶髪のショートボブを大きめのリボンで結んだ髪型が特徴。
また、ウィンダミア人特有の特徴として頭に触角状の「ルン」と呼ばれる器官を持ち、彼女のそれはハートの髪飾りを思わせる形をしている。

歳相応に子供っぽい一面も見せるが、ウィンダミア人は30前後という平均寿命から早婚の風潮が強く、その基準に照らし合わせた場合、14で独り身でいる彼女は既に「行き遅れ」に分類され、家族からもその事を心配され、リンゴ農家の息子との婚約をセッティングされた事もあった。

独立戦争によって地球文化に対する規制が進む情勢の中、ウィンダミアを訪れた地球人の影響から外の世界の音楽を知りついには母星から単身ワルキューレを志し密航し故郷を発ち、惑星アル・シャハルでハヤテ・インメルマンと邂逅する。
その後、ヴァールシンドロームによるゼントラーディの暴動に巻き込まれる事になるが、偶然にも自らの才覚を美雲・ギンヌメールに認められ、ラグナ星でのオーディションを経て晴れてワルキューレのメンバーに選抜された。

しかし、彼女のデビューライブと時を同じくしてウィンダミアが新統合政府に対して宣戦布告。母国からは裏切り者として謗りを受け、統合側からは嫌疑の目を向けられるが、仲間達の支えもあり歌い続ける決意を胸に抱く。
しかし、偏見等を向けるのはあくまでも統合軍やマスコミ等だけで、一般市民からはワルキューレの新メンバーとして普通に応援されており、13話でもフレイアの歌う姿を見たラグナの人々は喜んで声援を送っていた。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁