1. 抱き枕
  2.  > 僕のヒーローアカデミア - [ほ]
  3.  > 麗日お茶子

麗日お茶子

僕のヒーローアカデミア
商品種類別同人グッズ:




僕のヒーローアカデミア
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
蛙吹梅雨麗日お茶子トガヒミコ
轟焦凍緑谷出久

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア』(ぼくのヒーローアカデミア)は、堀越耕平による漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2014年32号より連載中。作者は堀越耕平。2016年にはテレビアニメ化もされている。

週刊少年ジャンプ2014年32号から連載中。略称は、『僕アカ』(公式Twitterの中の人はこちらで呼んでる)、『ヒロアカ』。
作者はpixivユーザーでもある堀越耕平。
既刊は2017年11月現在、16巻。話数のカウントは「No.○」。
7巻は通常版の他に、原案・監修は原作者である堀越耕平氏、脚本がアニメシリーズ構成の黒田洋介氏が担当した、完全新作ストーリーのドラマCD付きの限定版が発売された。
2014年7月の連載開始から僅か1年超でコミックス累計発行部数300万部を超えている。

あらすじ:『僕のヒーローアカデミア』

人口の約8割が“個性”を持ち、その能力を活かしたヒーローが活躍する世の中で、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれ少年・緑谷出久が「最高のヒーロー」を目指して奮闘する、ジャンプの三大原則『友情・努力・勝利』が詰まった王道的な少年漫画。
本作は、『赤マルジャンプ 2008 WINTER』に掲載され、『逢魔ヶ刻動物園』5巻に収録されている読み切り作品・『僕のヒーロー』がプロトタイプとなっている。
また、敵の呼び方(ヴィラン)、オールマイトの濃い画風など、随所にアメコミを意識した要素が見られるのが特徴。

誰もが何かしらの超常能力・"個性"を持つようになった世界!
"個性"を悪用する者を、圧倒的な力で取り締まる「ヒーロー」は皆の憧れの存在となっていた!
主人公・緑谷出久もまた「ヒーロー」になることを夢見る少年だったのだが…!?
(『週刊少年ジャンプ公式サイト』から抜粋)

キャラクター:麗日お茶子

「私の“個性”ごめんね勝手に、でも転んじゃうと縁起悪いもんね」
「でも「デク」って…「頑張れ!!」って感じでなんか好きだ私」

プロフィール
クラス雄英高校1年A組5番(ヒーロー科)
個性無重力(ゼログラビティ)
出身校露座柳(ろざりゅう)中学校
誕生日12月27日(15)
身長156cm
血液型B型
出身地三重県
好きなもの星空、和食
ヒーローネーム《ウラビティ》
CV佐倉綾音

概要
本作のメインヒロイン。前髪の両端が長い茶髪のショートボブが特徴で、笑顔が素敵な天然系の女の子。
雄英高校入試会場の入口で初めて緑谷出久と出会い、その後の実践テストでも同じ会場で受験し、入学後もクラスメイトになったりと何かと縁がある。

人物像
基本はほんわかとしているが、出久を「地味めの!」と表現したり、飯田が委員長をやりたいのを「メガネだし!」と言うかなりざっくりしている(作者曰く裏表がない)性格。ざっくり発言にも悪意はないようで、相手を貶したり罵倒したりすることはない。
出久と爆豪の関係を「男の因縁」と評するなど女子でありながら熱血系のノリに理解がある。
強敵相手にも食らいついていく男前な一面もあるが、峰田の覗きに怒らず困り顔をしたり、恋話で顔を真っ赤にして慌てるなど、女の子らしい情緒も強い。
好きな食べ物はおもち。
普段は標準語で話しているが、出身地の関係でふとした拍子に関西弁が出る。
中間筆記試験のクラス内順位は13。

男子では出久と飯田、女子では梅雨ちゃんと特に仲が良い。持ち前のうららかさと分け隔てない人当たりの良さで、基本的に誰とでも仲良くできる様子。ノリも良く、芦戸や上鳴等のウェイ系とも盛り上がれる。爆豪にも臆せず話しかけるが地雷を踏んで警戒されている。発目のことは苦手そうにしている。

ヒーローを目指す理由は、極端に言えば「お金のため」。
彼女の実家は仕事の少ない零細な建設会社でかなり貧乏。幼少期に自身の個性が仕事に役立つと思い実家に就職することを提案したのだが、父親はやんわりと断って「自分の夢をかなえてくれた方が何倍も嬉しい」と語った事から、絶対ヒーローになってお金を稼ぎ、両親に楽をさせてやると決めている。
そのため、寮生になるまでの一人暮らし生活は結構苦しかった模様。節約のために絶食することもあり、初めて寮に立ち入った際には「豪邸やないかい」と眩暈を起こしていた。
また、他の生徒が当然のようにスマートフォンを所持している中で一人ガラケー派なのも金銭面の事情からくるものと推察される(しかもあちこち塗装がハゲているなど相当使い込まれている)。
しかしお金を稼ぐためと言いながらもわざわざ激務のヒーローを志していることから、ヒーローになるという夢はお茶子にとって大切だと思われる。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁