受注生産となっております、
通常、決済確認後1-2週間ほどで商品お届けとなります。


  1. 抱き枕
  2.  > りゅうおうのおしごと! - [り]
  3.  > 夜叉神天衣

夜叉神天衣

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

りゅうおうのおしごと!

『りゅうおうのおしごと!』は、白鳥士郎による日本のライトノベル。イラストはしらびが担当している。GA文庫(SBクリエイティブ)より2015年9月から刊行されている。

作者は『のうりん』などで知られる白鳥士郎。
イラストはしらび。監修は西遊棋。
GA文庫10周年記念プロジェクトの第6弾として、文庫の発売と同時に漫画化、ドラマCD化、WEBラジオ化がされている。
漫画版はガンガンONLINEにて配信中。作画はこげたおこげ。
既刊は、2017年7月時点で原作小説が6巻、漫画版が5巻。
また、テレビアニメ化も決定している。詳細は別途後述。

ライトノベルとしては珍しい将棋をテーマとした作品で、作中には現実の棋士をモデルにしたと思われるキャラクターが多数登場する。2016年には第28回将棋ペンクラブ大賞で文芸部門優秀賞、『このライトノベルがすごい』においては2017年の文庫部門一位を獲得している。

あらすじ:『りゅうおうのおしごと!』

16歳の若さで、棋界の二大タイトルの一つである「竜王」を奪取したものの、その後大スランプに陥っていた主人公の九頭竜八一。そんな彼が3月のある日自宅に帰ると、なぜか女子小学生の出迎えを受ける。
その小学生・雛鶴あいは内弟子としての弟子入りを希望していた。
「まあ一度対局してあげれば帰るだろう」と思い気楽に対局してみたところ、あいの将棋の才能が非常に高いことに気づき、弟子として彼女を育てようということになるのだが、周囲からはロリコン扱いされるわ、当然ながら両親があいを連れ戻しにやってくるわといったドタバタが続き、八一はその騒動に翻弄されることになる…。(Wikipediaより一部抜粋)

キャラクター:夜叉神天衣

第二巻から登場する「もう一人のあい」。神戸市の実業家(かつてはヤのつく自由業と思われるが今は真っ当な会社)の孫娘。両親とは事故で死別している。

周囲からは雛鶴あいとの差別化のために「天ちゃん」と呼ばれている。

勝気かつ自信家で傲岸不遜な性格をしている。その実力に見合った才能の持ち主で現役の女流棋士に匹敵する実力の持ち主。しかし努力を欠かさず厳しい口調の裏には優しい一面も。

父は元アマチュア名人、母は大学で将棋部に所属していたサラブレットで幼少時から家族と将棋でコミュニケーションを取っていた。

ひょんなことから九頭竜八一に預けられ彼の二番弟子となる。実は八一とは出会う前からある繋がりがあった。

第四巻で史上最年少の女流棋士になる。

メディアからは『神戸のシンデレラ』と呼ばれているが本人はあまり好きではない。



実は歴女で大谷吉継の大ファンで徳川家康は島津に打ち取られればいいというほど嫌い。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Category

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁