1. 抱き枕
  2.  > ロクでなし魔術講師と禁忌教典 - [ろ]
  3.  > システィーナ=フィーベル

システィーナ=フィーベル

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』(ロクでなしまじゅつこうしとアカシックレコード)は、羊太郎による日本のライトノベル。イラストは三嶋くろねが手掛けている。出版社が使用している略称は、「ロクでなし」。第26回ファンタジア大賞大賞受賞作。投稿時のタイトル名は「ニートなボクが魔術の講師になったワケ」。一般に用いられている略称は「ロクアカ」。シリーズ累計は2017年6月時点で200万部。

あらすじ:『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』

1年間無職を続け、家主であるセリカのすねをかじり続けていた青年・グレンだったが、ついに痺れを切らされて、強制的にアルザーノ帝国魔術学院の非常勤講師として働くこととなる。

初めは仕事を早く辞めたいと願い、やる気のない授業を繰り返すが、生徒の一人であるルミアの頑張りを見たことで「ほんの少しのやる気」を出し、学生たちがそれまで学んだことのないような授業を行うようになる。それまで評判は最悪だったが、一躍して人気の講師となった。そんな中、政府と敵対する魔術結社「天の智慧研究会」が学院を襲い、グレンは戦いに巻き込まれていく。

二次元キャラクター・登場人物:システィーナ=フィーベル

聖暦1838年グラムの月24日(現実でいうと12月24日)生まれ。

名門貴族「フィーベル家」の令嬢。

銀髪と猫耳を思わせるリボンが特徴。それゆえ、グレン=レーダスから白猫と呼ばれている。

性格は真面目だが、意地っ張りで素直になれなかったり、グレンのためにサンドイッチを作るなど、健気な一面も見せる。

祖父が叶えられなかった「メルガリウスの天空城」の謎を解くという夢を継ぐため、魔導考古学者を目指し、日夜勉学に励んでいる。

適当かつ、大雑把な授業を行うグレンに当初は怒りを見せていたが、彼が真面目に授業を行うようになってからは見直し、信頼を寄せている。

学院が「天の智慧研究会」に襲撃され、出血多量になってなお戦い続けるグレンに心を動かされ、彼に好意を抱いているが、あまり伝わっていない。

アルコールに非常に弱い体質で、酒が含まれた菓子を食しただけで酔っ払う。

ルミア=ティンジェルとは互いに仲が良く、共に行動することも多いが、彼女の胸の豊かさにややヤキモチを焼いている。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Category

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁