受注生産となっております、
通常、決済確認後2週間ほどで商品お届けとなります。

  1. 抱き枕
  2.  > 山海経 - [せ]
  3.  > 饕餮

饕餮

山海経
商品種類別同人グッズ:




山海経
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
饕餮白沢

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
山海経

『山海経』(せんがいきょう)は、中国の地理書に登場する神々と妖怪を擬人化した物を、サークル:UTdreamが制作したオリジナルキャラの元ネタ。中国古代の戦国時代から秦朝・漢代(前4世紀 - 3世紀頃)にかけて徐々に付加執筆されて成立したものと考えられており、最古の地理書(地誌)とされる。
日本へは平安時代に伝わり、江戸時代には刊本として流通していた。

概要:山海経(せんがいきょう)

今日的な地理書ではなく、古代中国人の伝説的地理認識を示すものであり、「奇書」扱いされている。
編者は禹およびその治水を助けた伯益であると序などに仮託されているが、実際は多数の著者の手によるものと考えられる。
内容のほとんどは各地の動物、植物、鉱物などの産物を記すが、その中には空想的なものや妖怪、神々の記述も多く含まれ、そこに古い時代の中国各地の神話が伝えられていると考えられている。
そのため、後世失われたものの多い中国神話の重要な基礎資料となっている。
もともとは絵地図に解説文の組み合わせで構成されており『山海図経』と呼ばれていたが、古い時代に既に絵地図も失われてしまっており現存もしていない。
そのため、現在残されている画像は『山海経』本文にある文章から逆算された後世の想像によるものであり、伝来する系統によって全く違う画像となっているものも存在している。


キャラクター:饕餮(とうてつ)
サークル:UTdreamが、中国神話「山海経」に登場する妖怪を擬人化し、制作したオリジナルキャラ。
元ネタの饕餮は中国神話における邪神四凶の一角。
体は牛か羊のようで、人間に似た顔、曲がった角、虎の牙を持ち、爪先はヒヅメではなく人間の爪のようだとされる。
性格は卑怯者で、強い者には媚びて平身低頭だが弱者には容赦なく襲いかかり、身ぐるみ剥いだ上で食べてしまうのだという。
饕餮の「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るを意味するので名前通り。「饕餮之徒」という四字熟語は「大食いの人・大食漢」を指す。
とんでもない大悪党だが、後に「饕餮は魔物すら食べてしまう」という考えが生まれ、魔除けの意味を持つようになった。
一説によると、龍の子(竜生九子)や邪神蚩尤の頭、春秋左氏伝では縉雲氏の子だとされている。
龍の子としては水を好み、橋の上に立つ。血腥いことも好きなので刀の柄にも用いられる。


Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁