受注生産となっております、
コロナ主要因とする海外物流停滞により、決済確定後、40日〜お時間を頂戴しております。

  1. 抱き枕
  2.  > 蜘蛛ですが、なにか? - [く]
  3.  > 白織

白織

蜘蛛ですが、なにか?
商品種類別同人グッズ:




蜘蛛ですが、なにか?
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
アリエル白織

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
蜘蛛ですが、なにか?

『蜘蛛ですが、なにか?』(くもですが なにか)は、馬場翁(ばばおきな)によるなろう系ライトノベル。
『小説家になろう』にて連載されたWeb小説を元に、2015年12月10日、KADOKAWAのWeb小説レーベルカドカワBOOKSより単行本化された。
略称は「蜘蛛ですが」。

あらすじ:『蜘蛛ですが、なにか?』(くもですが なにか)

地球人の知らない、スキルやステータスといったシステムに支配された異世界。
そこでは常に勇者と魔王という旗頭を擁する、人族と魔族というふたつの勢力が争いを続けていた。
そんなある時、勇者と魔王が放った魔法は世界の枠さえ飛び越え、余りある力は勇者と魔王自身を滅ぼしても止まることはなかった。
その力の一部は次元の壁をも突き抜け、日本のとある高校の教室で炸裂してしまう。
そこにいた生徒と教師は全員死亡。しかし彼らの魂は、勇者と魔王がいた世界に逆流し、そこで転生することになる。
しかも全員が、前世の記憶を持ったまま。ほとんどの者は人間に転生するが、人族でも魔族でもなく、本来なら知性を持たないはずの「魔物」に転生してしまった者も数人いた。

キャラクター:白織(しらおり)
主人公「私」が作品中盤で神へと進化(神化)した際に作中における最上級神「D」から賜った真名である。
作中では「白」というニックネームで呼ばれることの方が多い。

神らしく冷徹な判断を下せる超越者でありながら、人情深く俗っぽい本音を隠しているという二面性を持っており、本人はそう言った自分のあり方を自嘲して「邪神」とも名乗っている。
ほか、自他問わず「自由意志」を最優先にする趣向を持っており、たとえそれがアリエル相手でも危地に赴く本人の覚悟を汲み取って手出し無用に留める矜持の高さを兼ね揃えている。


Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Contents

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁