受注生産となっております、
通常、決済確認後2週間ほどで商品お届けとなります。

  1. 抱き枕
  2.  > まちカドまぞく - [ま]
  3.  > 吉田優子(シャミ子)

吉田優子(シャミ子)

まちカドまぞく
商品種類別同人グッズ:




まちカドまぞく
登場人物・キャラクター別同人グッズ:
千代田桃吉田優子(シャミ子)

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

まちカドまぞく

『まちカドまぞく』は、伊藤いづもによる日本の4コマ漫画作品。『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて2014年8月号から9月号のゲスト連載を経て、同年11月号から連載。

本作は、一見壮大な設定と摩訶不思議なファンタジー要素が詰め込まれているが、実は規模の大きな戦いをする訳ではなく、シャミ子と桃のほのぼのとした日常が中心に描かれている。

あらすじ:まちカドまぞく

家族と共に家賃の安いアパートに住む女子高生、吉田優子は、幼い頃から病弱で家がとても貧しいこと以外、ごく普通の女子高生を自認していたが、ある日先祖返りをして魔族としての力に覚醒する。優子は、母親から自分が魔族の血筋であることを知らされ、シャドウミストレス優子(シャミ子)という活動名を授かり、ハニワの置物に封印されていたメソポタミア文明時代のご先祖(リリス)からは、光の一族の巫女=魔法少女を倒すという使命を任せられる。吉田家が貧しいのは永きに渡る光の勢力との戦いに敗れ続けた結果であり、出稼ぎから帰ってこないとされている父親も、実は魔法少女によって、吉田家で机代わりになっているミカン箱に封印されていた。

しかし生まれつき病弱で、人並み以下の戦闘能力しか持たないシャミ子は、近所で偶然見かけた魔法少女の千代田桃が、走ってきたダンプカーを片手で受け止めるのを目の当たりにして戦意を喪失する。
シャミ子は、クラスメイトの佐田杏里の紹介で、桃が同じ高校の生徒であることを知らされ戦いを挑むが、ドジで虚弱なシャミ子と、既に世界を救った経験もあるという桃では、勝負の体裁にすらならない。それ以来、シャミ子は桃との勝負や魔族としての務めに悪戦苦闘を重ねて、桃に借りを作り続ける毎日を送っていた。不本意ながら宿敵であるはずの桃と次第に親しくなっていく。
その後、桃と共に、闇と光の両面から多魔市の平和を守るため協力し、ゆるやかな日常生活の傍ら、さまざまな困難を解決していくことになる。

キャラクター:吉田優子/シャミ子(よしだゆうこ)

通称「シャミ子」。15歳の高校一年生。封印されし闇の一族の末裔であり、ある日突然先祖がえりを起こし、ツノと尻尾が生えて魔族として覚醒する。その際、闇の一族の封印を解くため光の一族の巫女である魔法少女を倒す使命を与えられる。

魔族としての活動名は母・清子に決められた「シャドウミストレス優子」。通称である「シャミ子」はこれを縮めたもので、通称の初出は桃のセリフ。また、学校でも「シャドウミストレス優子」として登録されているらしい。

茶髪でクセ毛のロングヘアに大きな巻き角がついており、尖端がハート型になっている長く黒い尻尾が生えている。体格は小柄で、身長について作品内で明確な数値は出ていないが、2巻28pの4コマタイトル「R145」より、145cm以下であると思われる。

家族構成は母・清子、父・ヨシュア、妹・良子。なおヨシュアは行方不明。

性格は優しく真面目で素直。宿敵であるはずの魔法少女・千代田桃に対しても優しさを持って向き合っている。また、生まれつき体が弱く、頭もあまり良くないため空回りが多い。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁