受注生産となっております、
通常、決済確認後1-2週間ほどで商品お届けとなります。


  1. 抱き枕
  2.  > アズールレーン - [あ]
  3.  > プリンツ・オイゲン

プリンツ・オイゲン

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
アズールレーン

アズールレーン(碧藍航線)』は、中国で制作された艦船擬人化シューティングゲーム、スマートフォンゲーム「碧?航?」の日本語版呼称。通称は「アズレン」「艦B」。

あらすじ:『アズールレーン(碧藍航線)』

中国の動画共有サイト「ビリビリ動画」が展開しているスマートフォンゲーム。『戦艦少女』ほかの成功で中国語圏で一躍ブームになっている艦船育成擬人化ゲームのひとつだが、本作の特徴は、システムが中国で乱立している『艦これ』フォロワーとは全く異なるシューティングゲームであることである。

プレイヤーが操作するのは駆逐艦・軽巡洋艦・重巡洋艦の前線部隊3人。戦艦・空母・修理艦・モニター艦が主力部隊として援護に回る。ほかにオートプレイ機能やオートレベリングなども実装しており、シューティングが苦手な層にもある程度対応している。

中国開発のゲームではあるが当初から日本進出を視野に入れており、キャラクターの声には日本の人気声優を起用している(つまり、中国語版でもキャラクターが日本語で話す)。また、音楽や音響担当も日本人である(開発にあたりRME株式会社の全面協力を得ている)。2017年に日本語版をリリース予定。現在、事前登録受付中である。

絵師は『戦艦少女』などでおなじみの面々が多い。

キャラクター:プリンツ・オイゲン

――あまり笑わない?指揮官、試してみる?私を笑わせられるかどうか

CV:佐倉綾音

『概要』?鎧袖一触よ。
アドミラル・ヒッパー級重巡洋艦である「プリンツ・オイゲン」の擬人化
イラストはrealmbwが担当。レアリティは★3(SSR)である。

作中では第三勢力「レッドアクシズ」を構成する国家「鉄血」の艦艇として登場。本編ではチュートリアルの「ライン演習作戦」でビスマルクと共に登場、フッドたちを強襲し、そのまま彼女の撃破に成功している。
ゲーム的にはゲーム開始時限定の8日間ログインボーナスの報酬として入手可能。1週間以上のプレイをすれば必ず手に入るSSR艦となり、そろそろ新たなSSR艦が戦力的にも欲しくなってくる所にやってくるため、攻撃重視艦の補佐もできる彼女とは長いつきあいになるだろう。


うん?……『キャラクター像』?VielenDank..
指揮官を誘い、それでいて試すような蠱惑的な言動の銀髪美女。かなりフランクかつ扇情的に指揮官と接してくるが、その実指揮官には勿論、周囲にも心を閉ざしており、傍目では知ることのできない孤独を抱えている。理由としては激しい戦線に何度も投げ込まれながらも終戦まで生き残った艦船である事からか。幸運艦は裏を返せば終戦まで生き残って「しまった」事も指す。幸運艦扱いを皮肉と感じるのも、仲間の死を見続けて最後まで生き残ってしまった事に対する思いがあるためだろう。ゲーム的にも8日目ログインボーナスとして手に入る鉄血艦のため、ただログインしてるだけの場合、鉄血勢としては(学園にいるケルンを除き)本当に孤独を抱える事になる。
そのため、茶化して笑っているような言動もほとんどは作り笑い(レーベ様談)。彼女が本当の笑顔を見せてくれるのは指揮官の手腕にかかっている。
戦闘においては好戦的な性格を露わにし、スキル使用時には敵にもっと攻撃を撃ち込めと言わんばかりの発言をする。戦艦相手でも鎧袖一触だと豪語する彼女の自負心の現れは、実際に多くの戦艦との交戦で生き延びた経験から来るのだろう。

ライン演習作戦でやりあった経験のあるロイヤル所属のPoWとは「昨日の敵は今日の友」をそのまんま映したような関係を保っており、水着を買ってもらったり、指揮官に対する悩殺ポーズの指南を受けていたりする。PoW自身も、彼女の抱えた闇に寄り添う覚悟があって関わっている等、その関係は中々に深い。
重桜の面々とは正月の催しで交流する。相当環境に慣れたのか、蒼龍たちと難なく打ち解けており、独特な飾り付けや御餅のお供え等に興味津々だった。特に御神酒と振袖(?)には強い関心を示すが…

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mobile Shop
QR

Category

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁