1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > 桜セイバー(沖田総司)

桜セイバー(沖田総司)

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:桜セイバー(沖田総司)

真名沖田総司
性別女性
身長158cm
体重45kg
スリーサイズ不明
出典史実
地域日本
属性・カテゴリ中立・中庸・人
ILLUST武内崇(Fate/GrandOrder)
CV悠木碧

概要

月刊コンプティーク連載の『コハエースEX』第2話にて爆誕してしまった新セイバー系ヒロイン。
黒・白・赤・嫁と来てついに桜。完全に社長の趣味です本当にありがとうございました。
またも登場したセイバー系キャラに、謎のヒロインXさんがアップを始めてしまうかもしれない。

魔人アーチャーとライバル関係らしく、同じく『帝都聖杯奇譚』(経験値先生妄想作品)の登場人物。
初登場時は和服にブーツの外見から、近代日本の英霊ではないかという話題もあったが、その真名は第7話にて判明した。
曰く、彼女の着物は真名バレを防ぐためにマスターから貰ったそうである。メンタル弱めな彼女の今後が期待される。
ちなみに愛称は「おき太」。

ちなみにフィギュア発売中。
そして待望の本編『Fate/Koha-Ace帝都聖杯奇譚』も連載が開始された。

人物

幕末、京都にその名を轟かせた新撰組一番隊隊長・沖田総司その人。
普段はお調子者の様に明るくも物腰柔らかく、時には謙虚で礼儀正しいが、こと斬り合いになると人斬り集団の隊長らしく冷酷かつシビアな面を覗かせる。史実上では男として名を遺したが実は女性だったという設定。
具体的には、余裕ぶっこいてた青セイバーを一刀のもとに切り伏せた。戦闘中では騎士道とか空気とかは知ったこっちゃないと評し、「ってか、斬り合いなんて生きるか死ぬかでしょう」との事。
ただ発言の裏を返してみると、あまり当時の観点にどこか固執している一面もあり、戦えなかったことによる当時に対する執着心をかすかに感じさせる様な自己中心的な態度を取ることもあったりもする。

清楚な外見に反して、意外にも「斬りあいなんて気合が全て」という程の脳筋な面があり、
剣が折れたら鞘で、鞘が折れたら素手で戦うと言うほど中身はアグレッシブ。
その一方で「ただひたすらに斬るのみ」と明言している様に無鉄砲・猪突猛進なところもあり、空気を読まなさ過ぎて勢い任せになってしまったり、自身の病弱体質や敵方の謀略などを考慮せず突っ込んでしまい、結果的に失態を犯してしまうという若きに亡くなった故の未熟さもある。

史実通り体が弱く、ショックな事があると吐血したりとメンタルは弱め。他の隊士たちの様に、最後まで戦えなかった事をかなり引きずっているのか、聖杯に託す願いも「最後まで戦い抜く事」。

ちなみに髪の色はピンクがかったブロンド・・・というか白髪らしい。
本人曰く「だいたい病気のせい」。

能力

耐久力はかなり低く、その上スキル『病弱』の影響で打たれ弱く、しかも『神秘』が薄い時代の英霊なので『対魔力』も最低ランクと防御面に大きな欠点を抱えている。
その反面、『縮地』による非常に高い機動力と奇襲性、高い技量と秘剣の性能が上手く噛みあっており、(あくまでギャグ時空ではあるが)円卓の三騎士をも三段突きで倒すなど、天才剣士の名に相応しい優れた技巧と速攻戦術を誇っている。一方で、新撰組(というか幕末当時の)流の合理的な戦術による奇襲性や、桜セイバー自身がセイバーらしからぬパラメータ、アサシンクラスの適性があることを明言されていることから、ある意味でクラス違いネタの様に扱っている(というか本人自身もアサシンの方が強いと一時期自惚れていたこともある)。
なお確固たる強さこそ見えにくいものの、土方歳三の評価からすると彼女の剣は、''剣じゃねえ。何か別のもんだ''と評される次元の域にあるとも言い、彼女の歳も経歴からしてもその名の通り天才型とも言える様な、逸脱した潜在性の高さや鬼才性に纏わる可能性を覗かせている。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁