1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:ジャンヌ・ダルク

『Fate/Apocrypha』に登場するルーラーのサーヴァント。

真名ジャンヌ・ダルク
身長159cm
体重44kg
スリーサイズB85/W59/H86
出典史実
地域フランス
属性・カテゴリ秩序・善・星
イメージカラー焔色
特技旗振り
好きなもの祈り
苦手なもの勉強全般
天敵ジル・ド・レェ(キャスターVer)/女性を物色するかのような蛇の目をした黄金のサーヴァント
CV坂本真綾

概要

『Fate/Apocrypha』にてルーラーとして召喚された少女。人間のマスター不在、つまり特定の依代を必要としないサーヴァントであり、繰り返されるゲームの記憶を継承する。

しかし、聖杯大戦においては、独立した存在として召喚される通常の召喚とは違って、肉体、霊格を含めたあらゆるものが彼女と一致するフランスの女学生・「レティシア」に憑依するイレギュラーな形で召喚され、そのため霊体化ができず、人間のように食事や睡眠が必要になるなどの肉体的制約を受けている。

聖杯大戦に言い知れぬ違和感のようなものを覚えながらも、管理者として自身の使命を全うすべく単身で、トゥリファスへと向かう。当初は裁定者として中立の立場を取っていたが、黒のセイバー脱落と、その後の不可解な変化を確かめるため、ホムンクルスの少年と接触。
目的の一致と、彼を「聖杯大戦の被害者」としての保護の為、行動を共にすることになる。

人物

信心深く清廉で善良な少女。全てを慈しみ、何者も憎まず、己の辿った裏切りと死すら“罰と救済”であると受け入れる。ただし彼女自身は自分を聖女だと思ったことは一度も無く、例え剣を振るわずとも多くの兵を率いて多くの敵を殺した咎人であると深く胸に刻んでいる。その精神こそが、自らを聖女足らしめているとも気付かず。
中立のサーヴァントとして振る舞うときは規律を第一とし、たとえ身に危険が迫るときも公明正大であろうとする高潔な精神を持つ。

農民の娘だからか、かなりの健啖家。聖杯大戦では現界方法の仕様上、輪をかけてよく食べるようになっていた。また、生前はよくジル・ド・レェの飛び出しがちな目を突いて収めるなど中々にアグレッシブな少女である。公式から「根がスパルタ」と評される事も。
史実で文盲とされるように、理知的でこそあれ学に明るいとは言えず、特に数字関係は苦手な様子。

一見は生真面目、その清廉な性格で万人に博愛をもたらす紛れもない聖人なのだが、割と思い切りは良く、矢がなければ砲弾を打ち込む、魔術で壊さなければ「神の杖」を使う、というように戦術に関しては一切の妥協を許さず柔軟に対応する。

鉄壁の自尊心、鋼の如き信仰を持っているが、裏を返せば周りがどれほど落ち込んでいようと自分を曲げない天然の唯我独尊。一言で言うところの「城塞の如き女」。
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁