1. 抱き枕
  2.  > Fate - [ふ]
  3.  > エレシュキガル

エレシュキガル

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
Fate

Fate』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ、漫画などの関連作。 本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

稼働プラットホームは当初はパソコンのみであったが、現在は家庭用テレビゲーム機・スマートフォン(スマホ)など各種に渡る。特にスマホでは(動作保証機種が限定されるなどいくつかの制約はあるが)一部のゲームパート(ルート)が無料プレイ化されている。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ)は、『Fate』(TYPE-MOON)を原案としたひろやまひろしによる日本の漫画作品。愛称はプリヤ。
登場人物の設定は原作と異なるが、本質的な性格はほぼ同一で、平行世界の物語という設定。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』(フェイト カレイドライナー プリズマイリヤ ツヴァイ)・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』がある。

あらすじ:Fate(フェイト・ステイナイト)

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
10年前(1994年)に起きた冬木大災害の生き残りにして、半人前の魔術師として暮らしてきた少年・衛宮士郎は偶然にもサーヴァント戦を目撃したことから、聖杯戦争に巻き込まれ、その最中サーヴァントの1人・セイバーを召喚する。亡き養父・衛宮切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

イリヤは穂群原学園に通うごく普通の女の子。ある日、飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木市に眠るというある危険なカードの回収の手伝いをすることになる。

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。
だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした…。

キャラクター:エレシュキガル
我が責務、我が役割は何も変わらない!私はエレシュキガル、冥界を任されたものだ……!
すべての人間、すべての魂を冥界に納めるのが我が存在意義にして、我が運命!
それを全力で行う事に、何の後悔も自責もない!
阻むというのなら貴様こそ、我が神権によって滅びるがいい!
プロフィール
真名エレシュキガル
性別女性
クラスランサー
身長159cm
体重47kg
属性混沌・悪
出典古代メソポタミア神話
地域メソポタミア
ILLUST森井しづき
CV植田佳奈
「私は人間になんて興味はありません。生きてるものって気持ち悪いし
でも、アナタがどうしてもっていうのなら、死を前提にお付き合いてあげてもいいわよ?」

概要
『Fate/GrandOrder』に登場するサーヴァント。
メインシナリオ第七章「絶対魔獣戦線バビロニア」が初出だが、このときはNPCであり、会話中は固有グラフィックがあったが、戦闘ではランサークラスのガルラ霊の固有姿のボスキャラとして登場。

七章での活躍から多くのファンを得ていながら長らく出番に恵まれなかったが、初登場からおよそ1年後、2017年12月のクリスマスイベント『冥界のメリークリスマス』より実装が決定した。
レアリティは☆5、クラスは敵対時と同じくランサー。
なお、ガチャ排出は恒常枠ではなくイベント期間限定枠なので注意。

真名
メソポタミア神話に登場する冥界の女神。クタの都市神。冥界の女主人エレシュキガル
エレシュキガルという名前は「キガル(大いなる地、冥界)の女主人」という意味。
シュメール名はエレシュキガル、別名はイルカルラ、ベリリ。アッカド名はアルラトゥ。
アッカド王朝時代末期のウンマ市のルウトゥ王はエレシュキガルの神殿を建立し、王碑文の中で「日が沈む所の女主人」の美称を用いている。
神話においてはイシュタルの姉であり、『イシュタルの冥界下り』等のエピソードから、姉妹仲は非常に悪いと言われている。

『FGO』時空ではイシュタルと鏡面存在とされる。
ロマニの推測によると、豊穣の女神であるイシュタルが「人間の生を表すグレートアースマザー」ならエレシュキガルは「人間の死を表すテリブルアースマザー」であり、この二柱は同一の神性から生まれたものなのかもしれない、とのこと。
「生を育む女神は、その後死を象徴する女神となる」例は日本神話のイザナミも挙げられる。

見た目はイシュタルの依り代になったと思われる遠坂凛に似ているが、彼女と違い髪は金髪、衣装も異なる。髪色の違いからこちらが依り代では?とも噂されたが、シナリオ内で「イシュタルが寝てる間コッソリ憑依体を使った」と述べられていたので、依り代は同一人物と思われる。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Category

Mobile Shop
QR

Mail Magazine


Shop Manager
通りすがりのサバゲーマー
イクぜ!俺の嫁